ピロティで挙式

「どんな結婚式をしたいですか?」

簡単そうでとっても難しい質問です。コロナ禍の中でこの質問に頭を悩まされるカップルは多いと思います。7月に挙式&フォト&会食会をされたご夫婦の答えはこうでした。

「挙式は教会式をしたい。」「写真を残したい」「家族と近しい身内だけで食事会をしたい」以上。

3つのことを1つずつ掘り下げていくお打ち合わせでした。

コロナが不安ということで、ピロティでの挙式をご提案いたしました。

椅子席は間隔を空けてご用意いたしました。ピアノの音が自然の中に響きわたり、とても神聖で、厳粛な気持ちになりました。この後ベールダウンの儀式がありましたが、ずっと衣裳合わせに同行していたので、私も感情移入がハンパなかったです💦

挙式の最後に、いかがですか?と相談させていただいたのが、親御様へのお手紙です。挙式はしっかりとしたいけど、会食会は気軽な感じで、というご意向を頂いていたのですが、親子の結びつきが深いお2人だったので、それぞれにお手紙を読んでいただくことにしました。快諾していただいた牧師先生に感謝です。

こんな時ではないと、照れくさくて、伝えられないですよね。。。

事前にサービススタッフにカラードレスの色を伝えてあったのですが、お食事会場に入ってびっくり!プレートがブルー、メニュー表もブルー(ホテルで用意しました)、合わせてくれていました!この会食会を素敵なものにしたい、というスタッフの気持ちが伝わりました✨見えないとことろでも、スタッフ一同お祝いしております💛

会食会はお2人の作ったプロフィールDVDを上映したり、お食事のプレートごとに新郎新婦が席を移動し、基本的にご家族、ご親族は席を動かないようにして頂きました。衣裳合わせの時のアルバムをご用意されたり、それぞれのテーブルで楽しめるようにいたしました。

会食後にカラードレスフォトです。

ずっと天気が不安定で曇ったり、濃霧にあったり、雨にあったりだったのですが、最後にごゴキゲンなお天気空に😂

打ち合わせから挙式当日まで、本当に楽しくお手伝いさせていただきました!

これからのお2人の人生にたくさんの幸せが訪れますように!!!