周辺観光のご紹介

総合TOP > 周辺観光のご紹介 > 登山・トレッキング

登山・トレッキング

周辺観光のご案内トップへ

安曇野近郊で楽しめる「トレッキング」「登山」ポイントを厳選してご紹介いたします。
登山が趣味のスタッフもおりますのでお越しの際は、「散策」「ハイキング」などの情報もお気軽にご相談下さい。

バックカントリー穂高

バックカントリー穂高

登山専門店。登山用品をはじめ、山の案内、スキー、アウトドア、キャンプ用品を販売。山のことならご相談ください。

安曇野市穂高5951-1(JR穂高駅ロータリー内)
電話:0263-81-0802

燕 岳

燕 岳

アルプスの女王と呼ばれる燕岳。高山植物の女王、コマクサの群生、ライチョウ・オコジョ・にカモシカ、そして奇岩のモニュメント。燕岳からは、天井の遊歩道として名高い縦走路、槍ヶ岳までの「表銀座コース」、また、槍・穂高連峰を終日眺めながらの常念・蝶ヶ岳パノラマコース、静寂の東沢から餓鬼岳へのコースと盛りだくさんです。

長野県松本市大手2-3-10(燕山荘松本事務所)
電話:0263-32-1535
山小屋直通電話:090-1420-0008

槍ヶ岳

槍ヶ岳

日本のマッターホルン槍ヶ岳。アルピニスト憧れの穂先3180mに立ったのは、江戸時代後期の山岳修行僧播人上人でした。英国人ウエストン(1892年登頂)によって世界に広められ、同時にMt,YARIの存在も世界の登山家に知られるようになりました槍ヶ岳へのアプローチには、中房・上高地・新穂高温泉の3か所あります。

長野県松本市本庄2-3-18 不動産情報センタービル1階
(槍ヶ岳松本事務所)
電話:0263-35-7200

常念岳

常念岳

安曇野からは全容が望め、ピラミッド型のその形は一目瞭然ですぐみつけられる。安曇野から眺められる北アルプスは、常念山脈が主役で、穂高岳、槍ヶ岳といった山々は、常念岳、蝶ヶ岳、大滝山といった前衛の常念山脈に隠れ、場所によってその間から顔を出す程度である。常念岳の由来は、坂上田村麻呂がこの地に遠征した際に、重臣である常念坊がこの山へ逃げ込んだとされることから付けられたという。なお、初夏になると、山体に常念坊の雪形が浮かび上がる。

長野県松本市沢村1-11-18(日本アルプス常念小屋松本事務所)
電話:0263-33-9458  山小屋直通電話:090-1430-3328

蝶ヶ岳

蝶ヶ岳

山名は、安曇野市豊科付近から見える雪形がチョウに似ていることからつけられた。眺めは常念山脈の中でも1、2を争うもので、これを目的に登ってくる登山者も数多い。蝶槍の南に蝶ヶ岳三角点があり、標高2,664mとなっているが、長塀ノ頭が標高2,677mあり最高点である。山体はなだらかで、蝶ヶ池、妖精ノ池などの湖沼が点在する。稜線は、二重稜線となっている。この二重稜線が積雪に大きく関与するため、高山植物の分布に影響を与えている。

長野県松本市芳川村井町616[中村](ヒュッテ蝶ヶ岳松本連絡事務所)
電話:0263-58-2210  山小屋直通電話:090-1056-3455

上高地(上高地自然遊歩道)

上高地(上高地自然遊歩道)

歩いてこそ魅力が分かる場所、上高地。スタートは、大正4年の焼岳噴火によってできた大正池だ。清冽な水をたたえた梓川に沿って遊歩道を行けば、湿原に種々の高山植物が咲く田代池、上高地のシンボル・河童橋、神秘的な明神池と、大自然が生み出した芸術的な風景が次々に。徳沢は牧場の名残を伝える開放的な草原だ。焼岳や霞沢岳、明神岳、槍・穂高連峰の雄姿を眺め、高山植物を観賞しながらお楽しみください。

安曇村観光協会
電話:0263-94-2221

西穂高岳

西穂高岳

標高2909m、穂高連峰の一つで素晴らしい山岳景観が楽しめる西穂高岳。健脚者であれば一日コースで楽しめるが、初心者には途中の独標(2701m)までがおすすめ。登山口は長野県側は上高地、岐阜県側は奥飛騨新穂高ロープウェイの西穂高口。いずれも西穂山荘を目指しての登り。西穂山荘から独標までは、笠ヶ岳や焼岳、乗鞍岳などの山岳パノラマを眺めながらのゆるやかな登りの快適コース。独標から西穂高岳へのルートは、大小のピークが連続する熟練者コースとなっている。(※上高地から西穂高岳を楽しみ新穂高へ、その逆のコースもおすすめ)

上高地観光アソシエーション 0263-95-2405 / 新穂高ロープウェイ
(通年営業) 0578-9-2252 / 西穂山荘(通年営業) 0263-95-2506

立山・黒部アルペンルートトレッキング

立山・黒部アルペンルートトレッキング

立山黒部アルペンルート・立山トンネルを抜けると広がる標高2450mの室堂は、アルペンルートの最高所で立山への登山口ともなっている。美しい高山植物や神秘的な火山湖、噴泉群などが点在する広大な山岳台地には、初心者が気軽にウォーキングを楽しめる、約1時間から2時間30分程の遊歩道が整備されている。真夏でも20℃を超えることのない爽やかな雲上の台地を、美しい山岳パノラマ、高山植物を楽しみながら歩いてみよう。運が良ければ立山のシンボル・ライチョウにも会えるかも。室堂から立山の主峰雄山(3015m)へは往復約4時間の登山コースとなっている。

くろよん観光総合センター 0261-22-0804

周辺観光のご案内トップへ

スマートフォンサイトはこちら