周辺観光のご紹介

総合TOP > 周辺観光のご紹介 > 名所・旧所

名所・旧跡

周辺観光のご案内トップへ

安曇野近郊で楽しめる「名所」「旧所」を厳選してご紹介いたします。
安曇野を知り尽くしたスタッフもおりますので、お越しの際はお気軽にご相談下さい。

穂高神社

穂高神社

古くから信濃の大社として名高く、里宮は日本アルプスの総鎮守として、交通安全の守神として信仰を集めており奥宮は上高地の明神池畔に祀られています。併設の御船会館では穂高神社例祭で引出されるお船や長野県無形文化財に指定されている伝統人形飾物を公開しています。

長野県安曇野市穂高6079
穂高神社御船会館 電話:0263-82-7310

松本城

松本城

松本城(まつもとじょう)は、長野県松本市にある城で、国の史跡に指定されている。松本城となる以前は深志城(ふかしじょう)と呼ばれていた。市民からは別名烏城(からすじょう)[1]とも呼ばれている。日本国内に12基現存している、安土桃山時代後期から江戸時代にかけて建造された天守を有する城郭の1 つである(現存12天守)。天守群は国宝に指定されている。

長野県松本市丸の内4-1 1
松本城管理事務所  電話:0263-32-2902

安曇野市穂高有明

安曇野市穂高有明

昭和34年に国の重要文化財に指定され、本尊の薬師如来は近江の湖水より出たと伝えられています。寄棟造で、内陣の虹梁さしばり・木鼻・肘木の絵模様・鬼板の彫刻等に室町時代末期の特徴があります。

安曇野市穂高有明
鶴王山松尾寺 電話:0263-83-4171

東光寺の仁王様の下駄

東光寺の仁王様の下駄

曹洞宗の寺院。山門前に朱塗りの安曇野仁王様の大下駄があり「仁王様の下駄を履けば願い事が叶う」と伝えられている。本堂下で御戒壇めぐりができる。本陣等々力家の向かいにある。大きな吉祥仁王尊の下駄を履けば願い事が叶うという。

長野県安曇野市穂高2721
電話:0263-82-2056

犀川白鳥湖

犀川白鳥湖

昭和59年12月31日に6羽のコハクチョウが初飛来し、以来飛来数は増え、今では県下最大のコハクチョウの越冬地となっています。最盛期は1,000羽を超えるコハクチョウが優雅な姿で訪れる人を癒してくれます。また、ダム湖には多くの水鳥も羽を休めています。
★白鳥は野生の鳥ですのでご覧になれない場合もございます。予めご承知おきください。

安曇野市豊科支所産業観光課:0263-72-3111
安曇野市明科観光協会:0263-62-3001

重要文化財・曽根原家住宅

重要文化財・曽根原家住宅

昭和48年に国の重要文化財に指定され、切妻造板葺平入で長坂石置屋根、見せ抜きの建築です。江戸時代前期のもので本棟造系統に属する民家としては日本最古のものです。

長野県安曇野市穂高有明
曽根原さん 電話:0263-83-2359
不在の場合、社会教育課 電話:0263-62-3001(代表)

等々力家長屋門

等々力家長屋門

江戸時代の松本藩主の本陣として使用された施設で、穂高町文化財に指定されている。桃山中期の様式須弥山石組の庭園と、長屋門、書院は江戸中期の作である。JR穂高駅から大王わさび園への道中にあるため毎年多くの観光客が訪れる。

長野県安曇野市穂高等々力2945
本陣等々力家 電話:0263-82-2889

周辺観光のご案内トップへ

スマートフォンサイトはこちら