周辺観光のご紹介

総合TOP > 周辺観光のご紹介 > ギャラリー・博物館

ギャラリー・博物館

周辺観光のご案内トップへ

安曇野を代表するギャラリー・博物館を厳選してご紹介いたします。
感性豊かなスタッフもおりますので、お越しの際はお気軽にご相談下さい。

穂高ギャラリー

穂高ギャラリー

2002年、築140年の民家に開設 主として「安曇野を愛し 安曇野を描く」勝野綱泰の作品を展示してあります その他 日本画、高山不染 彫刻、中島大道 書、望月樹峰 陶芸、澤田豊山の展示もあります 詳しくはホームページをご覧ください またホームページ上の3人展(大島和芳、巻山昌宏、勝野綱泰)もご覧になってください。

長野県安曇野市穂高5335
電話:0263-82-2562

ギャラリーシュタイネ

ギャラリーシュタイネ

ジャンルを問わず、年に7~8回の企画展を開催しています。展示作品はすべて販売しております。企画展は、心ときめく作品に出会った時、当方から出展依頼するケースがほとんどです。企画展の会期以外の日は、ご縁のある作家さんの作品を常設で展示しています。

長野県安曇野市穂高有明7360-17
電話:0263-83-5164

Fotofarm

Fotofarm

そば処上條に併設されたギャラリーです。写真家上條光水が撮影した信州の様々な風景を展示しています。インターネット上で運営しているfotofarm信州も併せてお楽しみ下さい。

長野県安曇野市穂高5256-1
電話:0263-82-4411

臼井吉見文学館

臼井吉見文学館

この地を舞台にし、安曇野を世に出した歴史長編小説「安曇野」を、執筆した臼井吉見先生の愛用の品々や生原稿など、足跡をたどることのできる多くの品が展示されています。安曇野にお寄りの際には是非足を運んでみてみませんか。

南安曇郡堀金村大字烏川2701
電話:0263-72-6743

安曇野市堀金歴史民俗資料館

安曇野市堀金歴史民俗資料館

収蔵資料は、約2,000点を数え、古くは縄文時代の土器からつい最近まで使われていた農具まで、安曇野の生産活動・日常生活に使用された物が幅広く集められており、特に郷土の生んだ発明家臥雲辰致のガラ紡機や農機具などの展示は目を引きます。郷土の歴史や生活の姿のみえる貴重な資料が数多く展示されています。

安曇野市堀金烏川2753-1
電話:0263-72-5796

安曇野市天蚕センター

安曇野市天蚕センター

安曇野市天蚕(てんさん)(てんさん)センターでは、市の200年以上に亘る天蚕(てんさん)(てんさん)飼育の歴史や生態を、ビデオ上映と昔ながらの機具や資料により紹介しています。また、天蚕(てんさん)(てんさん)糸を使った商品も併せてご紹介しております。

安曇野市穂高有明3618-4
電話:0263-83-3835

安曇野市豊科郷土博物館

安曇野市豊科郷土博物館

昭和54年の開館以来、地域に密着した博物館としての活動を展開しています。とくに郷土豊科の貴重な自然・歴史・民俗・文化の資料収集・継承を通して郷土の情報センターになることを目指すとともに、それらを活用して地域住民の皆さんに愛される学習センターになることをモットーにしています。

長野県安曇野市豊科4289-8
電話:0263-72-5672

周辺観光のご案内トップへ

スマートフォンサイトはこちら